3月24日

「臨時休校」という突然の要請に学校はいろいろな対応をすることになり、年度末の大事な3月がいつもと違う終わり方になってしまい、保護者の皆様には、多大なご迷惑をおかけしたことと思います。それにもかかわらず、ご理解ご協力をいただきまして、厚くお礼申しあげます。(このホームページのブログもなかなか再開できずにご迷惑をおかけしました。時間を見つけては、前のことも少しだけプレイバックしたいと思います。)

また、休校が春休みまで続くとお知らせしていましたが、長浜市は学校登校日(3月24日)を設けることになり、これまたびっくりされたことと思います。しかし、子どもたちは元気に登校してくれて、みんなの笑顔を見ることができ、ほっとしています。各担任も、1時間目の学級活動で通知表も直接渡すことができ、子どもたちの1年間の頑張りに一言添えることができ、また、最後のお別れも伝えることができました。

2時間目は、地区別に分かれて、児童会を開きました。新年度の登校班についての相談をしたり、これまでの登校の反省や地区での暮らし方について話し合いました。

もう6年生はいません。5年生が最上級生となり、この会の進行をしていました。まだ、なれない進め方ではありますが、「これからは、自分たちがやらなければ。」という自覚が少し感じられました。さあ、がんばれ、5年生!たのむぞ、5年生!帰りは、いつもの集団下校です。今日は、本来ならあるべき「修了式」がなかったので、かわりにこの下校前に校長から全校の子どもたちに少し話がありました。「みんな、1年間、よく頑張った。」「春休みも、コロナに気を付けて、安全に健康に過ごしてほしい。」「4月8日に、また元気に会いましょう。」5年生代表の元気な挨拶で、お別れをしました。 

          春休み コロナに負けるな 古保利っ子!